イルカと泳ぐ感動の瞬間

ドルフィンスイムの主なルール

小笠原パパヤマリンスポーツのエコツアーでは、「野生のイルカ」と一緒に泳ぐことができます。泳げない方は「ウオッチング」だけでも十分楽しめます。
「自然環境と野生生物の保護」、「安全にツアーを行う」ために、ドルフィンスイムの主なルールをご理解いただいた上でのご参加をお願いしています。

同時に近づいていいのは4隻まで。同じ群れへのエントリーは1隻あたり最大5回までです。

準備にタイミングについて
小笠原PAPAYAドルフィンスイム・ウオッチング

イルカを発見したらしばらく様子をみます。
イルカの状態(眠っている、小さい子供を連れている、明らかに船を避けている、餌を追いかけている)を判断します。

周りで人が泳いでも影響が少ないと判断したら、「今からドルフィンスイムを始めますので準備をしてください!」とアナウンスします。
準備とはライフベスト(必要に応じ)を着てマスク・フィン等を着けて船尾のステップに移動することを言います。

エントリーについて

MissPAPAYA ドルフィンウオッチング

ステップに移動したらいわゆる体育座りで待機してください。
船を動かしてイルカとの位置関係が一番いい瞬間に「入ってください、入ったら右(左、後ろ)です!」とアナウンスします。

なるべく素早く、なるべく静かに海に入ってください。出遅れると見えません。
飛び込むとイルカが驚いて向きを変えたり潜ってしまったりします。

海に入ったら・・・

ドルフィンスイム 小笠原PAPAYAマリンスポーツ
ドルフィンスイム 小笠原PAPAYAマリンスポーツ

海に入ったら顔を浸けて水中を広く見てください。イルカは水中にいます。顔を上げていてはイルカは見えません。
また、マスクを着けていると真横・下・後ろが見えないので、顔を動かして広い範囲を見てください。

泳ぐときに絶対にしてはいけないのが、手を使った泳ぎ方です。平泳ぎ・クロールなどは禁止です。
イルカは人の手が伸びてくるのを大変嫌がります。触ろうとするなどもってのほかです。
写真は撮ってもかまいませんがフラッシュは発光禁止にしておいてください。

人により泳ぐ速さは違いますが、一緒に海に入っているスタッフのそばで泳ぐようにしてください。一人で離れてしまうと危険です。
みなさんがどんなに頑張って泳いでもしばらくするとイルカは遠ざかり見えなくなります。

自分の目で見えなくなったら泳ぐのをやめて顔を上げてください。
オレンジ色の浮き輪を持ったスタッフのところへ集まってください。

船に戻ります

小笠原MissPAPAYA

船が近づき、「みなさん、上がってください!」とアナウンスします。前をよく見て近づいて上がってください。
以前にステップに頭をぶつけた方がいました。両手を前に伸ばし、手でステップにタッチするようにしてください。

みなさんが船に上がったら人数確認をします。数え終わるまで動かずにご協力をおねがいします。
状況次第ですが、2回目以降のエントリーに備えてください。あとは繰り返しです。
想像以上に体力を使います。どうぞご無理のないように!

PAGE TOP